ホーム > 中部NGO情報ひろば > 9/13(日)食と農から考える、今とこれからの「経世済民」

9/13(日)食と農から考える、今とこれからの「経世済民」

PDFファイルはこちら(169.1KB)

■ 日時
2020年9月13日(日)14時~17時頃

■ 場所
ニカラグアの会等事務所(名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル302号)
(*新型コロナウィルスの感染拡大状況により、会場の変更もあります。)


■ 情報の詳細
今回お招きする平賀さんも所属される「AMネット」の会報(第95号)に、「工業的畜産」という表現があります。ブタやニワトリ、ウシ等が自然でなく製品のように「育て作られる」悲しき状況が目に浮かびます。その処理施設では、新型コロナウィルス(COVID19)が蔓延したケースもあり、働く人の労働環境も良くないのです・・・何より人と環境と地域社会を健康・健全にすることを、食・農へのまなざしから、解決への手立てをともに見つけ動いていけれればと思います。それはまた、次の世代への負の遺産を減らすことにもつながるでしょう。

話題提供者: 平賀 緑さん  
現在:立命館大学(専門研究員)、京都橘大学(非常勤講師)。
広島県出身。国際基督教大学卒業後、香港中文大学へ留学。香港と日本において新聞社、金融機関、有機農業関連企業などに勤めながら、1997年からは手づくり企画「ジャーニー・トゥ・フォーエバー」共同代表として、食料・環境・開発問題に取り組む市民活動を企画運営した。2011年に大学院へ移り、ロンドン市立大学修士(食料栄養政策)、京都大学博士(経済学)を取得。植物油を中心に食料システムを政治経済学的アプローチから研究している。
 著書に『植物油の政治経済学--大豆と油から考える資本主義的食料システム』2019年、昭和堂)


■ 申込先または問合せ先
申し込みは不要です。
当日の連絡先:ニカラグアの会 (052-581-3772)または 080-6908-3226(伊藤)

中部NGO情報ひろば

  • Nたまサポーター
  • Nたま
  • 夏の募金キャンペーン2020
  • 企業連携
  • スタディツアー
  • さんぐりあ掲載ページ
  • 個人会員募集
  • LINE公式認証アカウント
  • 東海ろうきん100円募金
  • 上をクリックでバナーが拡大します。
  •     
  • ろうきん募金詳細はこれをクリック!
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ