ホーム > 中部NGO情報ひろば > 【終了】【9/6(日) 名古屋で開催!】「途上国の人々との話し方」入門セミナー【2時間集中講義!】

【終了】【9/6(日) 名古屋で開催!】「途上国の人々との話し方」入門セミナー【2時間集中講義!】

「途上国の人々との話し方」入門セミナー

052_1424-403 (1).jpg

お仕事や日々の生活でこんな経験ありませんか?

-「お困りのことはありませんか?」「〇〇は大丈夫ですか?」と質問しても、「大丈夫です」と言われ、その先が続かない
-「ミーティング(研修)に参加してください」と、住民(クライアント、同僚など)に何度も言わないと参加者が集まらない

このような「あるある」シチュエーションをひっくりかえし、本音のやり取りをするには、どういう会話をすればいいのでしょう?

地域づくりの活動現場で生み出された「メタファシリテーション」は、超シンプルな質問を組み立てていく対話術で、家族や友人の悩み相談、職場での会議や打合せ、顧客や患者、学生などとのやり取りを充実させることができます。

本講座では、メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)の初歩について学び、実際に手法を使った対話の練習をしていきます。

☆参加者の声☆
・手の課題を知るには、相手の過去・現在の体験への気づきが必要。よく考えた質問をしなくては、知りたい事実に対する答えが返ってこないことに気付いた。(NGOスタッフ)
・まちづくりのインタビューでも使える手法。農村部の村の方たちとの対話に活かしたい。(まちづくりに携わる方)
・対話型ファシリテーションの練習の中で、答え手(当事者)の立場になった。シンプルな対話だったのに、過去を思い出しながら、自身の体験を整理できた。(青年海外協力隊(JICAボランティア)OV)


メタファシリテーション(対話型ファシリテーション)とは、問題解決のためのグループ作業を側面から支援する実践的な技法として、ムラのミライの共同代表である和田信明と中田豊一が開発した手法です。この手法がまとめられた著書「途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法」は口コミで広まり、青年海外協力隊など国際協力の現場で活躍する人の間で、必読の書となっています。


【 イベント詳細 】
日時 2017年9月6日(水)19時~21時
場所 JICA中部 なごや地球ひろば セミナールームC3 (名古屋市中村区平池町4丁目60-7)
講師 松浦史典 (ムラのミライ 認定トレーナー/名古屋NGOセンター理事
対象 予備知識は不要、年齢・職業問わずどなたでも参加できるセミナーです。
参加費 1000円
定員 12人
申込方法 HPのお申し込みフォームをご利用ください。http://muranomirai.org/intro201604

問合せ先 認定NPO法人 ムラのミライ TEL: 0798-31-7940 FAX: 0798-31-7940 〒662-0856兵庫県西宮市城ケ堀町2-22 早川総合ビル3F

中部NGO情報ひろば

  • 企業とNGOの連携促進シンポジウムin名古屋
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • 個人会員募集
  • 東海ろうきん100円募金
  • 上をクリックでバナーが拡大します。
  •     
  • ろうきん募金詳細はこれをクリック!
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ