ホーム > 名古屋NGOセンターからのお知らせ > 【終了しました】《無料研修&1/12〆切》「現場」で必要とされるプロジェクトを作るための研修~4名の海外NGOローカルスタッフ経験者とプロジェクト作りをシュミレーションしてみよう~

【終了しました】《無料研修&1/12〆切》「現場」で必要とされるプロジェクトを作るための研修~4名の海外NGOローカルスタッフ経験者とプロジェクト作りをシュミレーションしてみよう~

                                     JICA地球ひろば 地域NGO提案型研修2013
加費無料&1/12(日)必着!

「現場」で必要とされるプロジェクトを作るための研修
~4名の海外NGOローカルスタッフ経験者とプロジェクト作りを
 シュミレーションしてみよう~

私たちの「現場」では、本当に必要とされるプロジェクトができているだろうか?
私たちの「思い込み」で作っていないだろうか?
「本音」を引き出せているのだろうか?
3年後には役立っているのだろうか?

・・・そんな疑問をお持ちの皆さん、ぜひご参加ください。

さらに、これからプロジェクトを計画予定のみなさん、
国内に「現場」がある皆さんも、ぜひご参加ください。

経験豊富な講師たち、ステキな4名の海外NGOスタッフとともに、
本当に必要とされるプロジェクト作りをシュミレーションしましょう。


*見やすいチラシはこちらからproject.pdf
------------------------------------------------
【第1回 理論編】
"現場"でのプロジェクト作りに必要なことは?
 ~ニーズ把握のためのファシリテーション技術、使える手法、評価指標など~」

●日時:2014年1月18日(土) 10:00~17:00
●場所:名古屋YWCA 1階 105号室(地下鉄「栄」駅下車 徒歩3分)
     http://www.nagoya-ywca.or.jp/mapfiles/ywcamap.html

●講師:中田 豊一氏【ソムニード 共同代表】
NAKATA toyokazu.jpg
中田豊一氏プロフィール
愛媛県出身。留学先にて、カンボジア難民との出会いをきっかけに活動を始める。
アジア学院農場ボランティア、シャプラニール=市民による海外協力の会の
バングラデシュ・ダッカ駐在員、阪神大震災地元NGO救援連絡会議事務局長代行、
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局長を歴任。現在は、参加型開発研究所
主宰および現職。神戸在住。共著に『途上国の人々との話し方~国際協力メタ
ファシリテーションの手法』。
「現場」のニーズを引き出すワザの伝道師として、世界各地でひっぱりダコの講師!!
------------------------------------------------
【第2回 予備知識編】
「1部:海外NGOプロジェクト実施経験者からの事例紹介
    ~プロジェクトの魅力と課題、国内事務所との関係~
「2部:海外スタッフ経験者への英語でのヒアリング&
    ファシリテーションのトレーニング

●日時:2014年2月6日(木) 18:30~21:00
●場所:名古屋YWCA 4階 404号室(地下鉄「栄」駅下車 徒歩3分)

●1部ゲスト:伊藤幸慶
 【ニカラグアの会事務局長、アジア学院フィリピン駐在経験】
●1部コーディネーター&2部講師:浅野陽子
 【日本国際飢餓対策機構愛知事務所、海外プロジェクト担当】
●2部ゲスト:松浦史典
 【ホープインターナショナル開発機構、エチオピア駐在経験者】
yokoasano.jpg
浅野陽子氏プロフィール
2001年より公益財団法人にて、地場産業再生のための商品開発プログラム・
海外プロジェクトに従事。2008年に「NGOスタッフになりたい人のための研修」参加。
研修中のインターン先であった日本国際飢餓対策機構に、2010年より勤務。
海外プロジェクト担当として、コミュニティ開発支援に携わる世界中のパートナー
団体との連絡・調整を行う。会議やプロジェクト視察のため、アフリカ、アジアの
国々を訪問。国内では啓発のためのイベントやワークショップの企画・実施、
セミナーでの講演等を行う。名古屋NGOセンター理事。
また英語の翻訳・通訳・講師もこなす。
------------------------------------------------
【第3回 体験編】
プロジェクト作りをシュミレーションしてみよう!
 ~4名の海外NGOローカルスタッフ経験者から「現場」のニーズを聞き取る~」
   ※4グループ中、1~2グループは通訳無し。

●日時:2014年2月15日(土) 10:00~17:00 ※交流会:17:30~20:30
●場所:ウィルあいち3階 会議室4(地下鉄「市役所」駅下車 徒歩10分)
    http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-sisetu.html

●ゲスト(情報提供者):
 (1) エネビシ・トゥルガー
   (モンゴル出身、Gender Center for Sustainable Development元スタッフ)
 (2) ギルバード・ピノイ・ホガング氏 
   (フィリピン・アヤンガン民族、元ウィガン移住者多目的協同組合スタッフ、
    アジア学院畜産職員)
 (3) ベルナルド・ティモティ・アパウ氏 (ガーナ出身、アジア学院畜産職員)
 (4) ムツェゾ・テツェオ
    (インド・ナガランド州出身、National Cooperative Union of India元スタッフ)
  *通訳:佐藤裕美氏(アジア学院)

アジア学院とは
 1973年の創立以来アジア、アフリカ、太平洋諸国の農村地域から、
 その土地に根を張り、の土地の人々と共に働く"草の根"の農村指導者
 (Rural Leader)を学生として招き、木県西那須野のキャンパスにて、
 国籍、宗教、民族、習慣、価値観等の違いを認めつつ、
 公正で平和な社会実現のために、実践的な学びを行っているNGO業界
 でも実績と定評のある学校。
 世界中に多くのNGO活動家を輩出している。

●アドバイザー:中田豊一氏【ソムニード共同代表】
●ファシリテーター:林かぐみ氏【アジア保健研修所(AHI) 事務局長】
HAYASHI kagumi.jpg
林かぐみ氏プロフィール
 3年間の会社員生活を経て、1987年よりAHI職員となり、2006年より現職。
 国際研修から、予算、報告書の作成、資金集めから草取りやトイレ掃除
 までこなす。気さくで、美しい黒髪を持つ、国際的なファシリテーター。
----------------------------------------------
【第4回 実践編】
「1部:プロジェクト作りの学びを活かした、私のアクションプラン
「2部:使えるスキームの紹介JICA、外務省、民間の助成金、寄付サイトなど~

●日時:2014年2月20日(木) 18:30~21:00
●場所:JICA中部 2階セミナールーム B1・2(各線「名古屋駅」下車 徒歩15分)
    http://www.jica.go.jp/chubu/office/access_map.html

●ファシリテーター:林かぐみ氏【アジア保健研修所(AHI) 事務局長】
-------------------------------------------------
※全回ともコーディネーターは、浅野陽子氏【(一財)日本国際飢餓対策機構 愛知事務所】

※プログラムは予定です。変更の可能性もありますので予めご了承下さい。

●対象:NGOスタッフ(無給・有給、専従・非専従は問いません)  
●参加費:無料
●定員:20名程度 ※要申込み。メールかFAXにてお申込み下さい。 
●締め切り:2014年1月12日(日)
●遠方参加者への補助:団体所在地から会場までの直線距離が片道100キロを
 超える場合は、往復上限10,000円の交通費を補助することができます。
 また帰宅が困難と思われる夜間開始の研修にかかる宿泊費として上限6,000円を
 補助することができます。(予算に限りがありますので、該当希望者が多数の
 場合は、参加率の高い方、中部地域のNGOが優先となります)
●主催:JICA地球ひろば   
●企画・実施・申し込み先:(特活)名古屋NGOセンター
 〒460-0004 名古屋市中区新栄町2丁目3番地 YWCAビル7階
 TEL&FAX:052-228-8109(火~土:13時~17時) 
 E-mail:info@nangoc.org
 http://www.nangoc.org/

※参加の可否は1/15(水)までにお申込み頂いた全ての方にお知らせします。
 万一、連絡がない場合は、1/16(木)17時までに必ずご連絡下さい。
 なお、年末年始のお休み(12/28~1/6)中はお問い合わせに対応することが
 できませんので予めご了解下さい。

※参加者多数の場合は、参加率の高い方が(オプションを除く)優先となります。

*見やすいチラシはこちらからproject.pdf

1/12(日)〆切  申し込みフォーム
申込みは、以下の内容をご記入の上、メール(info@nangoc.org)か
FAX(TEL&FAX:052-228-8109)てお送り下さい。
----------------------------------------------------------

(1) お名前:
   所属NGO名:

(2) 所属NGOでの役割 ※例:「会報編集担当」、「スタディツアー担当」、「事務局長兼スタッフ」など

(3) 所属NGOの住所:
   〒

(4) TEL(携帯等)/メール
   TEL:
   E-mail:

(5) 参加の可否
  ※( )内に、参加の場合は「○」、参加できない場合は「×」とお書き下さい。

(   ) 第1回:1/18(土)10:00~17:00:理論編
(   ) 第2回:2/6(木)18:30~21:00:予備知識編
(   ) 第3回:2/15(土)10:00~17:00:体験編
(   ) 第3回:「通訳なしグループ」(英語)での議論が可能、または希望する方
(   ) 第3回終了後の懇親会(17:30~20:30頃を予定)
(   ) 第4回:2/20(木)18:30~21:00:実践編

(6) 遠方者補助の希望
 ※直線100キロを超える場合/該当者多数の場合は、参加率の高い方、
   中部地域のNGOが優先
 ※該当&希望の方は1往復分の交通費額および最寄り駅をお書き下さい。

    往復(        )円  最寄駅(       駅)

(7) 研修に期待すること


以上

名古屋NGOセンターからのお知らせ

  • Nたま
  • 企業連携
  • スタディツアー
  • さんぐりあ掲載ページ
  • 個人会員募集
  • 東海ろうきん100円募金
  • 上をクリックでバナーが拡大します。
  •     
  • ろうきん募金詳細はこれをクリック!
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ