ホーム > 名古屋NGOセンターからのお知らせ > 12/19(土)「国際協力カレッジ2020」開催!~国際協力で働く人・団体に出会うオンライン無料イベント

12/19(土)「国際協力カレッジ2020」開催!~国際協力で働く人・団体に出会うオンライン無料イベント

半日で学べる、オンライン無料イベント!

「国際協力カレッジ2020」

国際協力を学び、行動するきっかけをつかもう!

**************************************************************************************

●日 時:2020年12月19日(土)13:00~17:30
●方 法:オンライン(ZOOM)
●参加費:無 料

・「国際協力で働く」ってどういうこと?
・「NGO」や「JICA」って何をしているの?
・世界にある課題の中で私に「できること」ってある?

そんな疑問を「カレッジ」で解決しよう!
「いま」動かなくて、いつ動く? さあ、一歩前へ踏み出そう!
世界のために。そして、自分のために。

年に一度の機会。
カレッジに参加して、あなたに合った国際協力との関わり方、働き方を見つけよう。

photo01.JPGphoto02.JPG

(写真提供:松浦史典/ 認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構)

「国際協力カレッジ」の開催概要

「国際協力カレッジ」は、国際的な課題に関心を持つ人びとが、国際協力の現場の声に触れ、考え、動き始める「学び」と「きっかけ」の場です。
名古屋NGOセンターとJICA中部との協働 により、2006年にスタートし、今年で15回目になります。

今回は新型コロナ感染症の対策により、初の全面オンラインによる開催となります。年に一度の機会です。コロナ禍で、これからのことをじっくりと考える機会がある「いま」だからこそ、このイベントで、あなたに合った国際協力との多様な関わり方、働き方を見つけてみてください。

将来、国際協力分野で働きたい、NGOで就職したい、協力隊に行きたい、ソーシャルビジネスに関心がある、ボランティアやインターンを希望されている方など、毎年、中学生から退職された方、お子さん連れまで幅広い層の方々にご参加頂いています。ぜひご参加ください!

●日 時:2020年12月19日(土)13:00~17:30
     ※オンラインの接続・入出は12:30~13:00にお願いします
●方 法:オンライン(ZOOM)
●定 員:70 名(先着順)


*受付期間:2020年11月4日(水)13:00~12月15日(火)15:00
*末尾の申込フォームからお申込ください。

●対 象:国際協力分野に関心がある人
●参加費:無 料
●主 催:独立行政法人 国際協力機構 中部センター(JICA中部)
●事務局:特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター

<プログラムの内容・スケジュール>
前半は、国際協力の現場で働いている先輩3人の話を聞きます。
後半は、SDGsについて理解を深め、中部地域にて活動中のNGOの活動を聞きます。

13:00~13:05(5分)あいさつ
13:05~13:20(15分)オープニング
13:20~14:50(90分)1時間目 講義
14:50~15:00(10分)休憩
15:00~15:20(20分)2時間目 SDGsについて
15:20~16:50(90分)3時間目 団体紹介
16:50~16:55(5分)休憩
16:55~17:20(25分)4時間目 全体会・ふりかえり
17:20~17:25(5分)あいさつ
17:25~17:30(5分)アンケートについて・今後の案内

前半 3人のセンパイから「国際協力の仕事」を学べる「講義」

01st.png




「"誰ひとり、取り残さない"世界を実現するために~仕事としての"国際協力"の関わり方~」

3人の先輩の話を聞き、自分の将来を描こう!
国際協力を仕事にすることの楽しさ、魅力、やりがい、苦労、そして関わり始めたきっかけなどをお話します。

★ゲスト

yoshida.jpgJICA

吉田絵里奈(よしだ えりな)さん
JICA中部 市民参加協力課 調査役

2009年にJICA入構後、管理部門、地域部(ミャンマー担当)、ヨルダン事務所(イラク向け事業等)を経て、
2019年12月よりJICA中部市民参加協力課に配属。現在は、広報、なごや地球ひろば運営、開発教育、草の根
技術協力事業、JICA海外協力隊事業等を担当。



kurata.jpg企業

倉田浩伸(くらた ひろのぶ)さん
KURATA PEPPER Co., Ltd. 社主、
カンボジアオーガニック農業協会会長、カンボジアペッパー&スパイス連盟理事、カンボジア日本経済同友会理事

1969年三重県津市出身。亜細亜大学経済学部卒業、1992年学生ボランティアとしてカンボジアに派遣。
1994年カンボジア農業調査事務所を立ち上げる。1997年現地法人化。
2005年カンボジアに胡椒専門店「KURATA PEPPER」開店 2013年日本支店設立。現在に至る。



kumazawa.JPGNGO

熊澤友紀子(くまざわ ゆきこ)さん

認定NPO法人アジア車いす交流センター(WAFCA)

教員を経て米国の大学院で国際教育を専攻。教育分野で国際開発の仕事をしたいと考え、アジア車いす交流センター
のタイ事務所に就職。タイの障害者支援の現場で実務経験を積む傍ら、インドネシア事業の立上げや中国事業の評価
調査に携わる。昨年5月より現職。



後半 SDGsについて理解を深め、コロナ禍におけるNGOの取り組みを知る

02st.png




「SDGsについて理解を深めよう」

国際社会が協力して取り組む「SDGs(持続可能な開発目標)」。
SDGs とは何か、JICA中部「なごや地球ひろば」の
地球案内人がみなさんをガイドします。
※SDGsは2015年9月の国連サミットで採択され、15年間で達成する17の目標を掲げています。

03st.png




活動紹介「多様な国際協力の活動を知ろう!
~コロナ禍におけるNGOの取り組み~」

多様な国際協力のあり方を聞いて自分の興味・関心を深めよう。
コロナ禍における活動地域の様子と変化、それにともなう各団体の取り組みをお伝えします。

●教育・子ども

A(特活)アイキャン

https://ican.or.jp/

フィリピン・イエメン・ジブチ等で危機的状況にある子どもたちの生活改善に取り組んでいる国際NGO。何かを
「与える」活動ではなく、そこに住む人びとと「ともに」活動することで、世界中の子どもたちが享受できる平和
な社会の実現を目指している。

B(特活)キャンヘルプタイランド

http://canhelp.jp

タイやカンボジアの貧困地域に暮らす子ども達の教育環境改善を目的に活動している。日本人スタッフはすべて無給
ボランティアだが、名古屋で活動し始めて25年の団体である。

●地域開発

C ハンガーゼロ(一財 日本国際飢餓対策機構)

https:/www.hungerzero.jp

世界の貧困・飢餓問題の根本的解決を目指し、アフリカ、アジア、中南米で活動している。飢餓に苦しむ地域のリーダー
や次世代の人財育成を通して、地域住民自らが農業や 教育などの課題に取り組みつつ課題解決能力を上げられるように
サポートしている。

D 認定NPO法人 ホープ・インターナショナル開発機構

https://www.hope.or.jp

安全な水の供給と衛生教育を軸に、アフリカや東南アジアの最貧困地域にて自立支援 活動を行なっている。国内では、
講演などを通じて当団体の活動の認知を広め、支援者 を増やすためのチャリティー活動をメインに活動している。

●環境

E(特活)チェルノブイリ救援・中部

http://chernobyl-chubu-jp.org/index.html

チェルノブイリ原発事故の被災者支援を1990年から開始。汚染地域の子ども、事故処理作業者、医療機関に対し、医薬品
医療機器支援や、ミルク支援、精神的支援としてのカードキャンペーン等を行う。2011年からは福島第一原発事故の被災
地支援も実施。

●人権・平和・医療

F(公財)アジア保健研修所(AHI)

http://www.ahi-japan.jp

アジアの草の根の人たちが、協力しあいながら、自分たちで課題に取り組むことによって、健康や生活を守ることができるように働きかける保健ワーカーの育成をおこなっている。日本と日本以外のアジアの学び合いを参加型の研修を通して進めている。

G(特活)セイブ・イラクチルドレン・名古屋

http://www.iraq-c.gr.jp/

小児がんや先天異常など難病・疾患に苦しむイラクの子どもたちを救うため、イラク人医師の医療研修機会の創出、およびイラクへの医療支援を行っている。「できる時に、できる人が、できる事をやろう」が当会の支援活動コンセプト。

04st.png



全体会・ふりかえり

グループワーク(ブレイクアウトルーム機能を使用予定です)

 *プログラムは予定となります。万一、変更があった際はご容赦ください。

募集チラシ

college2020.jpg

チラシはこちらからダウンロードください⇒ college2020_A4.pdf



申込方法について

受付期間2020年11月4日(水)13:00~12月15日(火)15:00
*但し、定員70名になり次第、締め切り

(1)末尾の申込フォームよりお申込ください。
 申込フォームよりお申込みいただいた後、自動返信にて、オンラインイベント(ZOOM)のリンク先をお知らせします。自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールボックスに入るケースもありますのでご確認し、届いていない場合は事務局までご連絡下さい。

(2)メール・電話の場合
 以下の項目を名古屋NGOセンターまでメールでお送りください。その際、タイトルは「国際協力カレッジ2020 参加申込」としてください。原則、1週間以内に返信をいたします。オンラインイベント(ZOOM)のリンク先をお知らせします。


電話の場合は口頭でお伝えください。
・お名前(ZOOMイベントの表示名)
・ご所属(あれば)
・年代(任意)
・お住まいの市町村
・電話番号(携帯も可)
・E-mail
・このカレッジに期待すること
・どこでこの情報を知りましたか?

*いただいた情報は、本件イベント以外に使用いたしません。但し、本件フォローのため、主催者よりメールをお送りさせて
 いただく場合がございます。予めご了承ください。

イベントの専用リンク先アドレス(ZOOM)について

・専用フォームからのお申込みには自動返信にて、またメールでお申込み頂いた方には、原則、お申し込み後一週間以内に、イベントのリンク先のアドレス、ID、パスワード(ZOOM)をお送りいたします。万一、1週間以内にメールが届かない場合はご一報ください。
・イベントの「リンク先アドレス(ZOOM)」、ID、パスワードについては、セキュリティ上、他者への共有・転送はお控えください。(イベント 自体の広報・共有・転送は大歓迎です)
・ZOOMの設定方法などの詳細につきましては、受付確認メールにてお知らせいたします。パソコンやスマホなどの操作方法や参加者側の接続環境の不備に対するフォローはできかねます。事前にご準備をお願いします。

問合せ・キャンセル・イベントの変更等について

・定員がございますので、キャンセルされる場合は、できるだけお早めにご連絡ください。(当日は連絡が混み合うことが予想されますので、当日のキャンセル連絡への即時返答は難しくなります。予めご了承下さい。)
・万一、イベント内容やリンク先などの変更があった場合は、ウェブサイトへの掲載や登録いただいた連絡先にご連絡する場合がございます。ご参加される前にチェックをお願いいたします。
・ご不明な点がございましたら、事前にご連絡下さい。当日のお問合せについては混み合うことが予想されますので対応が難しくなる場合があります。予めご了承下さい。

申込み&問合せ先

〒460-0004 名古屋市中区新栄町2丁目3番地 YWCAビル7階
TEL:052-228-8109( 電話受付時間:火~金曜 13~17時)
E-mail:info@nangoc.org  http://www.nangoc.org

カレッジ当日の資料について

国際協力カレッジ開催の数日前に、当日使用する資料をここに掲載する予定です。
同資料は、カレッジ当日にZOOMのチャット機能を使用して配信します。

国際協力カレッジ2020 申込フォーム

国際協力カレッジ2020 申込フォーム

年代   *該当する項目にチェックをつけてください。

入力例:foo@example.com


入力例:0312345678

どこでこの情報を知りましたか? *該当する項目にチェックをつけてください。(複数回答可)必須

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

名古屋NGOセンターからのお知らせ

  • 国際協力カレッジ2020
  • Nたまサポーター
  • Nたま
  • 冬の募金キャンペーン2020
  • 企業連携
  • スタディツアー
  • さんぐりあ掲載ページ
  • 個人会員募集
  • LINE公式認証アカウント
  • 東海ろうきん100円募金
  • 上をクリックでバナーが拡大します。
  •     
  • ろうきん募金詳細はこれをクリック!
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ