ホーム > 名古屋NGOセンターからのお知らせ > 安田純平さんの解放にあたっての意見表明

安田純平さんの解放にあたっての意見表明


 3年4か月にわたって内戦下シリアで「武装組織」に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが、解放され帰国されました。私たちは、多くのNGO団体と同様に、この事件に関心をもってきました。解放されて本当によかったと思います。御家族もやっと安堵されたことと思います。


 しかし、一部に「自己責任論」というかたちで、安田さんの行動が非難されてもいます。残念なことです。言うまでもなく、戦地、紛争地での報道活動はとても大事なことです。何が起きているのか、人々がどんな状況下にあるか、まず事実を知ることが大事だからです。知らなければ何の行動もおこせません。命の危険と隣り合わせでの活動でもありますし、報道の役割にたいする信念がなければ続けることができないことです。また、安田さんにたいする別の非難の声は、安田さんが政府に批判的だったということを理由にしているように思われます。権力のチェックがジャーナリズムの一番の役割であることを考えると、政府に批判的というのは非難の理由になりえません。いま世界のいたるところで過激主義、暴力主義が広がり、権威主義国家も生み出されています。ジャーナリストの受難も続いています。報道の自由が制限されてきています。報道の自由を守ることはとても大事なことです。報道に関る人たちを委縮させるような事態は避けなければなりません。

 ジャーナリストのみならずNGOなどの市民の活動も制限されてきているのが現状です。渡航制限などのかたちでNGOの活動は不自由なものとなっています。NGOの役割は、支援を必要とする人々に手をさしのべることです。紛争地での緊急援助、人道活動はNGO活動のなかでもっとも大切な活動の一つです。私たちは、危険を顧みず活動にとりくまれているジャーナリストや紛争地で活動するNGOに敬意を払いつつ、社会に向けて支援の必要性を訴えていきたいと考えています。
 まずは安田さんが解放されたことを世界中で活動されているNGOのみなさんとともに心から喜び合いたいと思います。

特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
2018年10月31日



名古屋NGOセンターからのお知らせ

  • 国際協力カレッジ
  • Nたま
  • 企業連携
  • スタディツアー
  • さんぐりあ掲載ページ
  • 個人会員募集
  • 東海ろうきん100円募金
  • 上をクリックでバナーが拡大します。
  •     
  • ろうきん募金詳細はこれをクリック!
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ