ホーム > 中部NGOおうえん募金 > コミュニティ開発・農村開発おうえん募金 > コミュニティ開発/農村開発の活動を知る

コミュニティ開発/農村開発の活動を知る

「人々の"持てる力"で地域を活き活きと」

commu-noson01.jpg
石垣補修のための測量(提供:ソムニード)

今までの地域や農村への支援は、この地域には井戸が必要だ、この農村には農器具を買うお金を支援しようと、支援をする側の意見や考え方をもとに行われてきました。

しかし、一時はそれでよいのですが、再びその地を訪れた時には井戸や農器具が壊れ、誰も使っていない、直そうとしていないという現実があります。

それは彼ら彼女らのせいではなく、ただカネやモノを「与える」だけの支援を行い相手の意見を聞こうとしなかった結果であり、反省するのは支援をする側でした。

その経験をもとに、NGOは現地の人々の意見に耳を傾け、共に歩みながら地域や農村への支援を行っています。


commu-noson02.jpg
村に引かれたパイプラインから待ちに待った水が!
(提供:ホープ・インターナショナル開発機構)

大切なことは、現地の人々が、自分たちの課題を受け止め「必要なもの」を自発的に気がつくことです。
気づくことにより、支援によって得た「必要なもの」を大切にし、壊れたら直し、管理をする組織を作ったりと前進をしていくのです。

また、NGOには、課題に気がつくように促すことが求められています。
そして、現地の人々に受け入れてもらうには、長い年月をかけ共に信頼を築いていくことが必要不可欠です。

信頼を「築き」、「気づき」を促し、必要なものを「築く。」
「築きと気づき」の一歩を、みなさんで進めませんか。

このページのトップへ