防災/災害救援の活動を知る

「寄り添う支援で、顔の見える関係を」

防災・災害救援.JPG
「足湯」で被災された方に寄り添う
(提供:レスキューストックヤード)

台風や地震、集中豪雨など、私たちの身の回りで起きる災害。
地球の上に生きているのだから、逃れられないことなのかもしれません。
それは、私たちの身の回りだけではなく、世界各国でも同じことが起こるということです。

天災を避けることはできません。
でも、天災に対してできる取り組みがあります。

ひとつは防災。
過去の災害から学び、日頃から備えておく。災害に強い町づくりをすすめる。災害時にどう行動するのかを考えておく。

もうひとつは災害救援。
災害が起こった時に、現地へ入り救援活動をする。医療機器や日用品など、必要とされている物資を送る。

そしてもうひとつ。
防災や災害救援を行う団体への募金。

培われた経験や実績、ノウハウをもち、そんな団体だからこそできる防災・災害への取り組みを行います。
そしてただ支援をするのではなく、そこにいる人々に寄り添いながら支援をしています。

あなたの寄り添う気持ちを団体に託し、人々に届けませんか。

このページのトップへ