ホーム > 寄付金控除についてのご案内

寄付金控除についてのご案内

特定非営利活動法人名古屋NGOセンターは、2015年3月19日より「認定特定非営利活動法人」(以下、認定NPO法人)となりました。当団体へのご寄付、会費(賛助会員Aを ご選択頂いた場合)としてのご寄付、また、「中部NGOおうえん募金」へのご寄付は 、申告により、税制上の優遇措置の対象となります。

個人によるご寄付

(1) 所得税
 個人による当団体への寄付金は、所轄税務署で確定申告を行うことで寄付金控除が受けられます。
(年末調整では申告できません。)

 控除の方法は、「税額控除」と「所得控除」の内、ご自身にとって有利な方を選択できます。

 ①税額控除
 下記の計算式による金額が所得税額から控除できます。
 (寄付金合計※1 - 2000円)× 40% = 寄付金控除額※2
 ※1 寄付金合計は所得額の40%が上限
 ※2 所得税額の25%が上限
 税額控除についての詳細は、所轄税務署や国税庁ホームページ等でご確認ください。

 ②所得控除
 下記の計算式による金額が所得から控除できます。
 寄付金合計※ - 2000円 = 寄付金控除額
 ※ 寄付金合計は所得額の40%が上限
 所得控除についての詳細は、所轄税務署や国税庁ホームページ等でご確認ください。

 (2) 住民税
 都道府県・市区町村が各々の条例で当団体を税控除対象団体として指定している場合に、個人住民税控除の対象となります。対象団体としての登録状況、申告方法等については、お住まいの自治体にお問い合わせください。

 (3) 相続税
 相続により取得した財産の一部または全部を寄付した場合、寄付した財産に相続税が課税されません。この優遇措置を受けるためには、相続税の申告期限までに寄付をしていただく必要があります。

  • ご申告の際には最寄りの税務署にご相談ください。
  • 当団体では個別のアドバイス等は致しかねますのでご了承ください。
  • 申告の際は、当団体が発行した領収書が必要となります。

法人によるご寄付

 法人による当団体へのご寄付は、一般の寄附金等の損金算入限度額とは別に、同額の損金算入限度額が設けられていますので、その損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。
 損金算入できる金額には、他の認定NPO法人、公益財団・社団法人等に対する寄附金の額と合わせて行うことになりますのでご注意ください。

 この制度についての詳細は、所轄税務署や国税庁のホームページ等でご確認ください。

  • 限度額はその法人の資本や所得の金額によって異なります。詳細は、所轄税務署や税理士にご確認ください。
  • 当団体では個別のアドバイス等は致しかねますのでご了承ください。
  • 申告の際は、当団体が発行した領収書が必要となります。

領収書の発行について

  • 領収書の宛名は、当団体へのご登録名とさせて頂きます。ご家族などで連名でご寄付を頂く場合は、領収書の宛名となる代表者名をご指定の上、事務局までご連絡下さい。
  • 領収日は当団体へ入金された日付となります。クレジットカードをご利用の場合はクレジット決済代行会社から当団体に入金があった日となりますので、ご了承ください。
    ※基本的にご寄付者がクレジットカードで決済された日の月末に集計され、翌々月20日に(支払日が金融機関休業日の場合は翌営業日)クレジット決済代行会社から当団体への入金が行なわれます。11月以降にご入金頂いた場合は、領収書の発行が翌年となることがありますので、ご了承ください。
  • 領収日の変更は致しかねますのでご了承ください。
  • 紛失等による領収書の再発行は致しかねますので申告時まで大切に保管してください。
  • 国際協力カレッジ2017
  • 『NPO法人 名古屋NGOセンター』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
  • 個人会員募集
  • 東海ろうきん100円募金
  • 上をクリックでバナーが拡大します。
  •     
  • ろうきん募金詳細はこれをクリック!
  • アフィリエイトバナーの説明
  • 楽天ショッピング
このページのトップへ