お問い合わせ
協力団体

研修参加者はどんな人?

受講生の年代・性別

 2012年~2016年度までの受講生のデータです。

受講生の職業

 受講生の職業は、様々ですが、毎年会社員の方が一番多く参加されています。それ以外にも教員、大学生、休職中の方などが参加されています。

14期修了生の声(2016年度Nたま研修の参加者)

 昨年度の参加者(14期生)は13名。NGOに興味がある、NGOに就職・転職したい、NGOを立ち上げたい、という希望を持つ方々でした。研修中は学業や仕事との両立を見事にこなしてくれました。

稲場いなば良太りょうたさん

Nたま参加当時:大学2年生

主体的な課題への取り組みで、普段の日常生活では気づかない個人の新しい価値観の発見と、個人では解決できない課題でも仲間と協力することで、想像以上の成果を生み出せることを知りました。

冨田とみだ 桂子けいこさん

Nたま参加当時:社会人7年目

今年ストリートチルドレンの子たちとアートセラピーをしにアフリカへ行くことが決まりました。Nたまでの最高の体験と、最高の仲間が、私の小学生の頃からの想いを、実現へと動かしてくれました。あなたにとってNたまが、あならしく生きる力になりますように。

小林こばやし真紀まきさん

Nたま参加当時:社会人24年目

「知ることによって、世界が広がる。考えることによって、自分を知る。そうすることで、行動が変わる。」研修を通して、私は、この事を体験しました。Nたまは、生き方を変える講座です。

もり浩彰ひろあきさん

Nたま参加当時:社会人24年目

様々な社会の側面、それに課題意識を持って関わる方々との出会い、そこで少しずつでも「何か」新しく始めたい気持ちを改めて持ち、その「何か」の幅も確実に広がった、その様な体験でした。

13期修了生の声(2015年度Nたま研修の参加者)

 2015年度の参加者(13期生)は12名でした。

澤井さわい美奈江みなえさん

Nたま参加当時:社会人6年目

 この研修の醍醐味は、人・物事・考え方との「出会い」だと思います。
 NGOという切り口で現実と向き合い、今後の生き方を考えられます。
 わくわくする何かを共に創る同志が増えますように(^^)

白﨑しろさき智大ともひろさん

Nたま参加当時:社会人6年目

 「社会人」として歩む中で、私は「本当の社会」を知らなかった。Nたまはリアルな社会を学ぶ入り口で、自己研鑽、他社貢献、視野の拡大、生きる意味、全てに繋がる新しい成長の場です。

和田わださとみさん

Nたま参加当時:社会人15年目

 自主企画を通して、今後もNGOとつながりながら外国籍生徒が安心して日本の学校に通えるように支援していきたい、という自分の方向性を見つけました。Nたまでの学びを、教育現場で活かしています。

熊谷くまがい禎晃さだあきさん

Nたま参加当時:社会人20年目

 相互に影響を及ぼしながら関係性を育み、共に主体的・創造的に学習していくこと、それが今の社会・組織にとって不足しているものであり、それを体感できる場がNたまであったと感じています。

受講生の参加動機

 私はNGOで働きたいと思いながらも、一歩踏み出すことができずにこれまでNGOの活動に参加したことはありませんでした。Nたまのプログラムには実践とフィールドワークがあり「私にぴったり!」と思い参加を決めました。NGOで働く先輩方と出会える機会を楽しみにしています。

30代 女性 会社員

 東日本大震災が起こったとき、この未曾有の危機に何かしなければと思い、NGOでの活動を始めました。NGOでは、決して恵まれているとはいえない環境の中で、強い意志と志をもって活動していることを知りました。もっとNGOの世界を知りたいと思い応募しました。

20代 男性 会社員

 国際協力について何も知識がなかったので、正直何から始めていいのか分かりませんでした。知識はほとんどないので、Nたまで基礎となることをたくさん学びたいです。

30代 男性 会社員

 テレビの映像を見て、ボランティアや世界の環境、貧困問題に興味を持ちました。大学でも「国際ボランティア論」や「NGO/NPO論」などを学んでいます。今は大学2年生ですが、将来NGOで働きたいという思いもあり、Nたまに応募しました。

20代 女性 大学生

 Nたまに参加することでNGO・NPOの実情を、現場で活動しておられる方々から直接伺うことができ、またネットワーキングができることを魅力と感じ応募しました。NGOスタッフに必要なスキル、職員の採用状況、活動内容などを多くの方から聞きたいと考えています。

40代 男性 休職中